お問い合わせ

コラム

その5 「FPで本当に食べていけるの?」

『FP資格では食べていけない』という言葉をよく耳にします。

この言葉には2つの意味が含まれているような気がします。

1つは『相談業務』にお金を払ってくれる人がほとんどいない。もう1つは他の国家資格のように『独占業務』が認められていない。

この2つです。確かにこれは事実です。実際に、完全な専業独立FPが何人いるかを考えれば十分うなずけます。

しかし、一方、数は少ないけれどFPで食べている方がいらっしゃるということもまた事実です。

『FP資格を取得した大多数の人は、FP資格では食べていけない』

『FP資格を取得したごく少数の人は、FP資格で食べていっている』

ということになります。

まず、1つ目の『相談業務』にお金を払ってくれる人がほとんどいないという点について述べたいと思います。

『相談業務』はFPの本来業務であるといわれます。本来業務でお金が取れないから食べていかれない。

多数の方がこのようにお考えになっているのだと思います。

しかし、私は少し違った考え方を持っています。

相談業務は『基本業務』であり、それをベースにした『応用業務』もあるはずです。基本業務はFPであれば必ずできなければならない。

しかし、応用業務はその人自身の適性や能力により異なってくる。こう考えています。

それでは、『応用業務』とは何か?

一個人にアドバイスをし、実行援助をするのが『基本業務』であるならば、それをベースにして多数の人にアドバイスをし、多数の人の実行援助をするのが『応用業務』だと考えます。

具体的に言えば、講師業務・執筆業務・団体の顧問業務・マスメディアのパーソナリティとしての業務など数多くあります。

これらの仕事は、FPが話したり書いたりすることにより、個人が共感し実際に自分で実行するという流れになります。

これはまさに、アドバイスをし、実行援助をするの応用編です。ただ、相談業務と決定的に異なる点は相手方の反応をその場で見ることができず、個人個人にあったアドバイスができないという部分でしょう。しかし、私はFPでプロとしてやっていくつもりなら、基本業務をベースにした応用業務でその能力を発揮すべきだと思います。

したがって、相談業務にお金を払ってくれる人がほとんどいないから、食べていけないという考えは私にはどうも納得できません。

2つ目の独占業務が認められていないという点はどうでしょうか。

独占業務が認められている資格を取得した人は、それだけではたして食べていっているのでしょうか? 私は違うと思います。

税理士や社会保険労務士、司法書士や行政書士などの士業の資格は人気があり、取得される方も非常に多くなっています。

しかし、苦労して資格を取得したものの、収入に結びつかず、あれでもかこれでもかと多数の資格を目指して勉強をされている方が非常に多いように思います。

でも結局状況は変わらず、名刺にはたくさんの資格が並んでいるものの、看板倒れになっているということになりがちです。

資格というものは普通は取得しても食べていかれません。足の裏の飯粒(取っても食えない)といわれる所以でしょう。

一般に食べていけると言われている資格、弁護士、医師などは、資格の取得過程で実務習得が義務付けられているものです。それでも1人前になるためには、インターンや下積みが必要なのは私があえて申し上げるまでもないでしょう。

お金を払ってくれないから、独占業務がないから、FPは食べていけないと思っていらっしゃる方は、少し視点を変えてみてはいかがでしょうか?

『資格を取っただけで仕事ができる』などということは元来ありえないのです。

資格で食べていくためには、取得するまでにした苦労の何十倍もの苦労が必要なのです。資格を取得しただけで生計を立てられるということは、働かないでご飯が食べられるということと同義です。

当社の無料講座(まぐまぐ)


Copyright(C) 2007 プロFPJapan(株式会社PFJ) All rights reserved.