お問い合わせ

コラム

その12 「人を想う」

みなさん!こんにちは!ファイナンシャルプランナーの渡部裕司です。

今週号は、「人を想う」というタイトルでお話していきます。

ビジネスに大切なことといったら何でしょうか?

「運」
「コネ」
「お金」

は当たり前として、事業を行うにあたりまずは「事業計画」を立てることが前提となります。

事業を考え→収支計画をたてて→「その事業計画を実行」し、当初作成した収支計画を目標に利益を出していくことになります。

ここで「事業」についてですが、成功の鍵を握るのは社会貢献であると私は想います。

いかに利益が出るからといってオレオレ詐欺やその類のインチキ商法・またそれに類するような事を業として行っていれば社会全体・ひいては自分のためにもならないと私は感じます。

またそういった事業であれば将来的に淘汰されていくのは目に見えてわかることです。

逆に社会貢献性の高い事業であれば「有難うと顧客にいわれて」金銭を頂戴するわけですから人間としてこれに勝るほどの喜びはないでしょう。

自分が現在生きている社会を自分の手で豊かにできるといっても過言ではありません。

今の時代を見つめ・国民性を考慮し・マーケットが求めているニーズを的確に察知してそれをビジネス化できれば、そこに経営者として利益を求めていくことは必ずやできるでしょう!

今回のテーマで何故「人を想う」というテーマにしたのか皆様何となくお気づきになられたかと思います。

社会貢献というのは、まさに人を想う心であると思います。

太古の昔から、人間は一人で生存することは出来ません!

そこに助け合いの精神があるからこそ、村や社会ができるのです。そして現代では「全世界が村」といってもいいほどでしょう!

一例をあげてみましょう!

例えば、あるレストランに入り食事をしようとするとき、ウエイトレスがやってきますがそこで机にコップを"ガン!!"と置かれたり、無愛想な態度であればどうでしょう?

その時点で食事をする気もなくなります!これがある重大な商談だったらどうでしょうか?また先日の北朝鮮との折衝で首相が先方に大変な粗相を行ってしまったらどうでしょう?

うまくいくこともあるでしょうが、うまくいく可能性は低いでしょう!

当社の無料講座(まぐまぐ)


Copyright(C) 2007 プロFPJapan(株式会社PFJ) All rights reserved.