お問い合わせ

コラム

その24 「独立準備 その3」/h2> 今回は、前回に引き続き、『独立FP』になるための準備について お話します。

FP資格を取得した方から、独立について相談を受けることがよく あります。その中で多い質問に

『どのくらい資金を準備しておいたら良いですか!?』

というものがあります。質問をされる方の意図は

『開業にかかる資金と食べていけるまでの生活資金の合計がいくら ぐらい必要ですか』

ということだろうと思います。

開業資金は以前申し上げたとおり、限りなくゼロに近づけるべきで しょう。また、生活資金はその方によって違いますし、生計を立てて いけるまでにどのくらいの期間がかかるかは不明です。

☆★-------★☆-------★☆-------★☆-------★☆--------★☆

したがって、金額を設定することはあまり意味がないように思います。
それよりも大事なことは、

『今日からは自分で食べていかなければならない』

という覚悟を持つことです。

『稼げなければご飯が食べられない』。

当たり前のことですが、サラリーマンとして毎月一定の給料を貰って いる環境ではこれを忘れてしまっています。

これはなにも独立FPに限ってのことではありません。

ご近所の八百屋さん、魚屋さん、クリーニング屋さん等々みなそう なのです。お客さんが野菜を買ってくれなかったら、魚を買ってくれ なかったら、クリーニングに出してくれなかったら、一家は飢え死に します。

自営業の方はそういうギリギリの厳しい環境の中、日々頑張って 働いているのです。これは一定の給料を貰って働いている時には、 実感できないと思います。

独立を決意したら、現在ある資金で頑張るしかないのです。 収入がなければ貯金が減ります、生活費がなければ夕飯のおかず が一品か二品減るでしょう。

☆★-------★☆-------★☆-------★☆-------★☆--------★☆

しかし、この厳しい環境に自分を追い込むことこそ、 『FPで生計を立てる』原動力になるのです。

よく、火事場の馬鹿力などといいますが、人間はピンチに陥ると 通常の能力以上のものを発揮できるようにできています。

これがプロとして食べていく実力をつけるための第一歩です。

当社の無料講座(まぐまぐ)


Copyright(C) 2007 プロFPJapan(株式会社PFJ) All rights reserved.