お問い合わせ

コラム

その43 「知識を身に付ける?」

今回は、FPで独立するために『知識を身に付ける』ことについて お話ししたいと思います。

『私は独立を目指しています』というFPの方は、非常にたくさん いらっしゃいます。

そしてそれらの方のすべてが、『本当に食べていかれるのだろうか』 という不安も併せて持っています。

その不安を解消するためにとる行動の定番は次のようなものでしょう。

「まだ独立するには力不足だから、もう少し勉強しなければ・・・」
「FP資格だけでは食べていけないから、別の資格を取得しよう!」
「いろいろなセミナーに出てもっと知識を身に付けよう!」

はたしてこれで独立できるのでしょうか?

これで独立できるのなら、13万人もいるAFPのほとんどがFPで 食べていっていないという現状はどう説明したらいいのでしょう。

☆★-------★☆-------★☆-------★☆-------★☆--------★☆

独立することと、知識を身に付けることは別の次元の問題です。

独立してから知識を身に付けることはできます。しかし、知識を身に 付けたからといって独立することはできません。

私のコラムでも述べたように、独立するためには知識ではなく、 実務(実技)を学ばなければなりません。

コラム「FPで本当に食べていけるの?」

ある意味で知識を身に付けることは楽です。頭で覚えればいいの ですから。

しかし、それをやりすぎると逆効果になることが多いのです。
高度な知識を持つFPが食べていっているのでしょうか?

否です。生計を立てているFPは、顧客に満足してもらうすべを 知っているから食べていかれるのです。

☆★-------★☆-------★☆-------★☆-------★☆--------★☆

一般社会においても、受験勉強だけやってきた優秀な人間(?)は、 使い物にならないというのが常識です。

FPで独立するために同じ轍を踏むことは、絶対に避けましょう。

頭でっかちのFP、FPで食べられないと理屈ばかりこねる仲良し FP倶楽部の面々、これらの人々は、独立する人間にとって百害 あって一利なしです。

大多数の人たちと同じ道を歩めば、大多数の人と同じ状況になって しまうのですから。

当社の無料講座(まぐまぐ)


Copyright(C) 2007 プロFPJapan(株式会社PFJ) All rights reserved.