お問い合わせ

コラム

その87 「稼ぐこと」

今回は、「稼ぐ」ということについてお話したいと思います。

現在、サラリーマンとしてお勤めの方は毎月の給料をいくら貰っていますか?

私は別にみなさんの年収を知りたいわけではありません。FPで独立したと すれば、少なくともその金額レベルのものを毎月稼ぎ出していかなければな らないのです。どうですか、自信がありますか?

おそらく多くの方が「自信がない」とお答えになるでしょう。しかし、食べ ていくためにはその位の金額が必要になるのです。それができなくて、FP で独立してやっていかれるでしょうか。

「独立したい」という志を持つことは非常に大切であり、一番最初のスター トラインでもあります。しかし、その志だけで食べていかれるほど世の中は 甘くありません。志だけが先行してしまい、食べていく技術を習得しないと したら、あなたの「独立」は絵にかいた餅に終ってしまうことでしょう。

☆★-------★☆-------★☆-------★☆-------★☆--------★☆

独立して食べていくためには、稼がなければなりません。稼ぐためには技術 が必要であり、稼ぐ練習をしなければなりません。

サラリーマンの収入の基本は貰うことであり、自分で稼ぐこととはまったく 性格が異なります。したがって、何十年サラリーマンをやっていたとしても 「稼ぐ技術」は身に付かず、また「稼ぐ練習」をしなかったら食べていける 道理はありません。

「稼ぐ技術」を身に付け、「稼ぐ練習」をする。私はこれが独立への最短距 離だと思います。「技能を修得し、そして実地訓練をする」。これはすべて の職業において食べていくための基本です。それをやらずして食べていこう とすることは、子供が「僕は将来何々になりたい」と言っていることと同じ です。

「僕は将来何々になりたい」、これは子供が言うからこそ周囲の大人が聞い てくれるのです。社会人として何年も経験を積んだいい大人が「僕は将来何 々になりたい」と言い続けたとしたら、だんだん相手にされなくなるのは当 然です。

「稼ぐ技術」を身に付けようとせず、「稼ぐ練習」もしなければ、食べてい かれるはずもなく、せっかく取得した資格もせいぜい名刺に刷るぐらいしか ありません。どうしても活用したいと思う方は、無料奉仕いわゆるボランティ ア活動の仲間に入ることになるでしょう。

ボランティアは社会にとって大切なことであり、これを否定するつもりは毛 頭ありませんが、基本的にお金を稼ぐこととはまったく違います。独立を目 的としてボランティア活動を懸命にやったとしても、果たして独立して食べ ていけるでしょうか?

繰り返し申し上げますが、「稼ぐ技術」を身に付け、「稼ぐ練習」をするこ とが資格を取得して食べていくための王道です。

当社の無料講座(まぐまぐ)


Copyright(C) 2007 プロFPJapan(株式会社PFJ) All rights reserved.