お問い合わせ

コラム

その95 「一線を画す」

今回は、「一線を画す」ということについてお話したいと思います。

これからFPで独立する方に申し上げたいのは、既存のFPとは「一線を画 す」ことが大切だということです。すでに独立成功しているFPの方は、こ れから独立する人間にとっては先行者ということになります。先行者はそれ だけですでに有利な立場にあります。FPとしての基盤を持ち、仕事を得る 力もあります。しかし、これから独立しようとする後発組は、まったくゼロ からのスタートです。彼らと同じようにやっていて果たして成功する道理が あるでしょうか?

すでに独立しているFPと同じラインに並ぶためには、彼らと同じペースで 同じことをやっていてはダメです。それでは、いつまでたっても追いつくこ とは不可能です。彼らと同列に並び、FPで生計を立てていくためには、彼 らのやり方とは「一線を画す」ことが必要になります。つまり、自分なりの 独自のスタンスを持つということです。

しかし、現実には、先行者の人間と同じようなことをやろうとしている方が 多いようです。FPとしてのスタンスもしかり、セミナーのテーマにしても しかり、ビジネスモデルについてもまたしかりです。「金銭教育」がはやり だから私も金銭教育をやろう。このような安易な考え方では、決してFPで 生計を立てていくことはできません。

これから独立FPとして新規参入するわけですから、自分自身の独自性をア ピールしていかなければなりません。他の人間と同じことをやっていて、 「あなたにお願いしたい」という仕事がくるでしょうか?

「あなたにお願いしたい」。これがご飯を食べていくためのポイントです。 他の人間では代替がきかない、だからお願いします。これを言わせることが できれば、FPで生計を立てていく道はすぐそこまできています。誰に頼ん でもできるような仕事であれば、あなたに頼む必然性がないわけですから。

☆★-------★☆-------★☆-------★☆-------★☆--------★☆

FPとして独自路線を歩むためには、既存勢力とは「一線を画す」ことがど うしても必要になります。既存勢力に迎合し、あわよくば仕事をもらいたい と考えている方がいるとすれば、そういう方は永遠にFPで食べていくこと はできないでしょう。「仲良し倶楽部」で群れをなしている人達もそうです。

他人と協調して上手く仕事をこなしていく、これはサラリーマン社会では大 切なことです。しかし、これから独立して一匹狼としてやっていくのであれ ば、これは無用です。もちろん、信頼できるビジネスパートナーは必要です。
しかし、基本的には自分で考え、自分で行動する以外に道はありません。

そういう意味で、独立するということは、孤独になることでもあります。大 勢だからできることもあれば、一人だからできることもあるのです。FPで 独立するということは、スポーツでいえば個人競技です。野球やサッカーの ような団体競技とは根本的に違うことを知っておく必要があります。

当社の無料講座(まぐまぐ)


Copyright(C) 2007 プロFPJapan(株式会社PFJ) All rights reserved.