お問い合わせ

コラム

その109 「最短距離」

今回は、「最短距離」というテーマでお話したいと思います。

「最短距離」とは、独立して生計を立てていくための「最短距離」という意 味です。時間をかけて独立することもできないわけではないのですが、実際 には挫折してしまうケースがかなり多いのです。これは本人の志・情熱が消 えてしまうということではなく、外部環境が原因であることがほとんどです。

時間をかけてじっくりと独立しようと考えても、今の環境が永遠に続くとは 限りません。独立に何年もかけているうちに、自分を取り巻く外部環境は必 ず変化していきます。そして独立したくてもできないという状況に陥る可能 性が非常に高くなるのです。

「独立したい」と考える時、これはあなたが独立できる環境にある時です。
絶好のチャンスです。長い人生にはこのような時期というのは、ごく稀にし か存在しません。それが永遠に続くかのように錯覚してしまうと、「今やら なくてもそのうち、いずれは」ということになりがちです。しかし、いずれ は独立したくてもできない環境が必ずやってきます。

☆★-------★☆-------★☆-------★☆-------★☆--------★☆

独身の方であれば結婚すること。

所帯を持っている方であれば子どもができること。

お勤めの方であれば転勤。

あるいは転職・退職。

また、仕事が忙しくなり、独立どころではなくなる。

家族の誰かが病気になること。

親が介護状態になること.....。

このように、外部環境が変化する可能性にはさまざまなものがあります。そ してそれがいつ起こっても不思議ではないことがお分かりだと思います。こ のように外部環境に変化が訪れた時、今のような理想的な環境での独立準備 はできないでしょう。「今も理想的な環境ではない」と思われる方もいらっ しゃるでしょうが、少なくとも「独立したい」と考えるだけの心の余裕はあ るはずです。

「独立したい」と考えた時が「独立すべき時」です。いきなり独立するとい うことではなく、少なくとも「独立準備」を進めるには絶好の環境です。こ の稀な環境を無駄にしないようにしましょう。

人生は明日のことさえ分からないのですから。目標を持って、日々それに近 づく努力を続けていくこと。これは人生に共通する真理であり、独立するた めの「最短距離」、すなわち王道ではないかと思います。

当社の無料講座(まぐまぐ)


Copyright(C) 2007 プロFPJapan(株式会社PFJ) All rights reserved.