お問い合わせ

コラム

その136 「おんぶにだっこ」

今回は、「おんぶにだっこ」というテーマでお話をしたいと思います。

「おんぶにだっこ」という慣用句は、自分ではなにもせず、すべて他人に頼 りきりになることをいいますが、世の中にはこのような人が多いのには驚き ます。サラリーマンを辞めて独立したにもかかわらず、他人に頼って食べて いこうとする考えでは先が思いやられます。

独立して食べていくことは、人に教えてもらってできるものではありません。
自らが苦労して、試行錯誤をしながら身に付けていくものです。これは、こ のメルマガでも何度となく申し上げてきたことです。この苦労・試行錯誤を すっ飛ばして、いきなりご飯が食べられるはずはありません。しかし、それ をぜずに楽をして他人に教えてもらおうとする。これは、世の中を甘くみて いるとしかいいようがありません。

独立自営の世界では、頼れるものは己のみ。他人の助力は、苦労・試行錯誤 の結果としてでてくるものであり、初めからそれを期待するのは本末転倒で す。にもかかわらず、自分ではなにもせず、「おんぶにだっこ」で他人をあ てにする人間、「教えて君」方式で自分の頭を使わずにすべて人に聞いてす ませようとする人間、このような人間が私の周囲にもたくさんいます。

このような人を見るにつけ、とても悲しい気持ちになります。教えてあげる こと、手助けをしてあげることは簡単です。しかし、それではその人間が食 べていく力はつきません。食べていくためには、自分の力で自分にしかない ノウハウを会得しなければならないのです。そのための苦労こそ、一番の要 です。この一番大切なことをやらずに、結果のみを求める考え方は間違って います。

☆★-------★☆-------★☆-------★☆-------★☆--------★☆

弊社の母体となっているFP独立成功研究所の「FPで独立成功するための 実践講座」は、FPで生計を立てるための実技を習得してもらうための講座 です。FPとして食べていくための基本的な実技は、ほとんどこの講座で身 に付けることができます。

これを上手に活用し、行動に結びつければ、FP資格で食べていくことはそ う難しくはありません。実際に、食べていかれるようになった人間が何人も でてきているわけですから、これは私が自信を持って言えることです。

しかし、どのような講座を受けようと、どのような立派なFPのアドバイス をもらおうと、自分自身が行動し、自分自身が苦労しなければ、決して生計 を立てていくことはできません。「おんぶにだっこ」のような甘えた考えを 持っている限り、何をやっても無駄です。

本気でやるなら、他人に頼らず、地べたを這ってでも、己の力で食べていく ように頑張るべきです。先達のアドバイスは、あくまでもヒントにすぎませ ん。丸太の橋は、自分1人の力で渡るしかないのですから。

当社の無料講座(まぐまぐ)


Copyright(C) 2007 プロFPJapan(株式会社PFJ) All rights reserved.