お問い合わせ

コラム

その139 「信用」

今回は、「信用」というテーマでお話したいと思います。

独立FPとしてやっていく上で一番大切なものを1つだけあげるとすれば、 それは「信用」に他なりません。何もFPに限らず、どのような商売をされ ている方に聞いても同じ答えが返ってくるでしょう。「信用」こそ、商売人 (プロ)が命がけで守らねばならないものなのです。

FPにとっての「信用」とは、業務を行う上でのさまざまな人や法人に対す るものです。狭い意味では、顧客やビジネスパートナー・取引先に対してで すが、広い意味では世間一般に対してのものになります。この「信用」があ るからこそ、仕事がいただけるのであり、それによって収入を得ることがで きるのです。

ということは、FPで生計を立てていこうとするには、まず「信用」を得る ことから始めなければならないわけです。しかし残念ながら、この「信用」 というものは、一朝一夕には得られるものではありません。初めは誰でも、 信用されていない状況からスタートします。そして誠実に仕事をこなすこと によって、少しずつ信用を作っていくことになります。。

苦労を重ねながら、やっとこの「信用」を得ることができた時の喜びは、何 事にも代えることができないものです。「他の人ではダメです。あなたにお 願いしたいのです」。このような言葉こそ、自らが信用を得ることができた 証です。「信用」が得られたことを実感することは、大きな自信につながり ます。これで何とか食べていけるのではないか、よし頑張ろうという気持ち になります。

☆★-------★☆-------★☆-------★☆-------★☆--------★☆

このように、「信用」というものは手に入れることが難しいものであり、手 に入れることができれば大きな力になってくれるものでもあります。では、 この「信用」を得るために、しなければならないことは何でしょうか?

月並みな言い方ですが、「約束を守る」ということに尽きます。

この「約束を守る」ということは、言うは易く、行うは難しの典型です。た とえ、口約束であってもそれを誠実に履行すること。これが信用を得るため の近道です。そんな簡単なことでいいのかと思われる方もいらっしゃるでしょ うが、本当にそうなのです。

約束をきちんと守ること。これを繰り返していけば、必ずいつかは信用を得 ることができます。逆にいえば、世の中にはこれができない人がいかに多い かということです。あえて約束を違えたりすることは論外としても、遅れて しまったり、忘れてしまったりということはよくあります。「しばしば約束 を守らない人」と「必ず約束を守る人」が同じ仕事を続けていったなら、1 年後には天と地ほどの開きが生まれるでしょう。

商売上の「約束」とは、時間・お金・仕事の3つです。この3つの約束を守 り続けられるかどうかが独立成功の命運を左右します。

当社の無料講座(まぐまぐ)


Copyright(C) 2007 プロFPJapan(株式会社PFJ) All rights reserved.