お問い合わせ
写真:井上 光章

いのうえ みつあき

井上 光章

「独立FPとしてのコンサルティング実務経験を、研修・セミナーに活かします」

戻る

アピール

得意分野は「住宅購入・住宅ローン」と「資産運用」で、有料コンサルティングは多くの方にご利用いただきました。住宅関連では住宅展示場等からの依頼で住宅ローン、資金計画、二世帯住宅、賃貸併用住宅、不動産と相続、といったテーマで多くのセミナーを担当してきました。資産運用に関してはFPになる前から様々な投資手法を研修し、実践してきました。研修やセミナーでは体験談をできるだけ取り入れる工夫をしています。

Q&A

Q

住宅購入にあたり、住宅ローンの検討をしています。固定金利と変動金利、どちらを選ぶべきなのでしょうか?

A

住宅ローンの金利種類を、固定金利にすべきか変動金利にすべきかは、「損得」で考えるのではなく、「その方の家計がどれくらいリスクを取れるのか」で判断すべきと考えています。

変動金利の住宅ローンは金利が低く、固定金利の住宅ローンは金利が高いです。ただし今後世の中の金利水準が上昇した場合は、変動金利の住宅ローンは金利が上がってしまうというリスクがあります。よく「金利はしばらく上がりそうにないので変動金利でいいですよね」と言う人がいます。今のような低金利がしばらく続くのであれば確かに変動金利を選ぶのが正解ということになりますが、住宅ローンの金利を「金利の見通し」を基に決めるのは正しくないと考えます。

住宅ローンを組んで大きな借金をするということは様々なリスクを負います。ということは、避けられるリスクは1つでも回避しておくとことが合理的。できるだけ長い期間金利を固定すれば、金利が上昇して返済額が増えるというリスクをあらかじめ避けることができます。住宅ローンの基本は固定金利ではないかと思います。

共働きだったり、親からの資金援助があったり、お子さんがいなかったり、と、比較的家計に余裕がある場合は変動金利を選び、低金利のメリットを受けるというのもよいと思います。今家計に余裕があるということは、もし今後金利が上がって毎月の返済額が増えても、返済に困る可能性は少ないでしょうし、また、今のうちに貯蓄がたくさんできれば、その貯蓄を基に繰上返済をして毎月の返済額を減らすこともできるからです。

結局、固定金利にすべきか変動金利にすべきかについては、基本は固定金利を考え、金利上昇リスクを取れる家計であれば変動金利を検討してもよい、と考えています。

コラム

「二世帯住宅が相続税対策になる理由」

近日公開予定

精鋭プロ講師

  • 千葉 史郎

    千葉 史郎

  • 富田 洋通

    富田 洋通

  • 黒田 英利

    黒田 英利

  • 土井 健司

    土井 健司

  • 西原 浩二

    西原 浩二

  • 福井 琢也

    福井 琢也

  • 早川 悟

    早川 悟

  • 吉門 武廣

    吉門 武廣

  • 栗原 牧彦

    栗原 牧彦

  • 和田 安弘

    和田 安弘

  • 鎌田 正彦

    鎌田 正彦

  • 平井 美穂

    平井 美穂

  • 行 真紀子

    行 真紀子

  • 村上 恵美

    村上 恵美

  • 吉澤 由美子

    吉澤 由美子

  • 斎藤 光雄

    斎藤 光雄

  • 井上 光章

    井上 光章

  • 伊藤 賀一

    伊藤 賀一

  • 磯脇 賢二

    磯脇 賢二

  • 久保 明夫

    久保 明夫

  • 佐藤 正明

    佐藤 正明

  • 倉田 利男

    倉田 利男

  • 薗田 國夫

    薗田 國夫

  • 塚越 隆行

    塚越 隆行

  • 泉 稔

    泉 稔

  • 小林 一道

    小林 一道

  • 真鍋 定信

    真鍋 定信

  • 鼻崎 敏文

    鼻崎 敏文

  • 宮坂 忍

    宮坂 忍

  • 梶木 晴斗

    梶木 晴斗

  • 中田 剛

    中田 剛

  • 植草 淳一

    植草 淳一

  • 山岸 奈美

    山岸 奈美

  • 野村 桃子

    野村 桃子

  • 廣 素久

    廣 素久

  • 田村 裕二

    田村 裕二

  • 松野 英毅

    松野 英毅

  • 堀内 孝富

    堀内 孝富

  • 金澤 陽子

    金澤 陽子

  • 鹿子島 幸二

    鹿子島 幸二


ホームセミナーお問い合わせ当社の理念当社のサービス
ビジネスパートナー募集プロFPJapanについてLINK
Copyright(C) 2007 プロFPJapan(株式会社PFJ) All rights reserved.