お問い合わせ
写真:鼻崎 敏文

はなさき としふみ

鼻崎 敏文

「知識」より「知恵」を提供するFPです。

戻る

アピール

お金は、人生を過していくために必要な「道具」です。
たくさん「道具」を持っている人、少ない人、持たない人、借りている人といろいろです。
「知識より知恵を」をモットーに、「道具の使い方」のヒントを提供いたします。

Q&A

Q

現在、多重債務に陥っています。何か良い方法はありませんか?

A

社会問題化している「多重債務」問題ですが、既存債務の整理方法は以下の5点があります。
消滅時効の援用
任意整理
特定調停
個人民事再生
自己破産
各方法には、各々適用要件があります。また、TV等で盛んに宣伝している「過払い返還請求」は△稜ぐ媽依に該当します。
いずれにしましても、現在の状況をよく確認して、カウンセラー等と相談し最善の選択をすることをお勧めいたします。

コラム

「FPの言葉」

ファイナンシャルプランナーとして顧客の質問に答えるときに心がけているのが、「解りやすい言葉」を使うということです。

リスクヘッジの「ヘッジ」とは何でしょうか?
資産運用の「ファンド」とは何のことでしょうか?
皆さん本当にわかりますか?

我々ファイナンシャルプランナーが、いつも何気なく使っている言葉ですが、一般の人達には何となくボンヤリした馴染みの少ない用語ではないでしょうか。

私の場合は、ヘッジは「値段を固定すること」、ファンドは「お金の契約書」と説明するようにしています。

「ヘッジ」は、通常に使われている「回避」と訳し「危険性の回避」と解釈するより、「危険性の値段を固定すること」と解釈した方が、その後の説明に一貫性がでます。

例えば、「危険性を回避」するために必要な○○保険に加入する。よりも「危険性の値段を固定する(見積る)」ことにより必要な○○保険に加入する。とした方が理解しやすいと思います。

又、「ファンド」は通常には「投資信託等」と解されることが多いと思いますが、投資ファンドになればどうでしょうか。「投資投資信託等」になってしまい益々理解しにくくなってしまいます。
これを「お金の契約書」と解釈すると投資ファンドは「投資のお金の契約書」となり、スッキリするのではないでしょうか。

これはホンの一例ですが、専門用語にこだわるより少し工夫することで、説明しやすく、そして解りやすいものになると思います。

ファイナンシャルプランナーは、顧客のライフプラン上の目標達成を手助けする専門家です。その社会的役割は決して小さくはありません。
専門用語で煙に巻くことなく、「解りやすい言葉」を使うことによって、より顧客に信頼される工夫が日々必要であると思います。

精鋭プロ講師

  • 千葉 史郎

    千葉 史郎

  • 富田 洋通

    富田 洋通

  • 黒田 英利

    黒田 英利

  • 土井 健司

    土井 健司

  • 西原 浩二

    西原 浩二

  • 福井 琢也

    福井 琢也

  • 早川 悟

    早川 悟

  • 吉門 武廣

    吉門 武廣

  • 栗原 牧彦

    栗原 牧彦

  • 和田 安弘

    和田 安弘

  • 鎌田 正彦

    鎌田 正彦

  • 平井 美穂

    平井 美穂

  • 行 真紀子

    行 真紀子

  • 村上 恵美

    村上 恵美

  • 吉澤 由美子

    吉澤 由美子

  • 斎藤 光雄

    斎藤 光雄

  • 井上 光章

    井上 光章

  • 伊藤 賀一

    伊藤 賀一

  • 磯脇 賢二

    磯脇 賢二

  • 久保 明夫

    久保 明夫

  • 佐藤 正明

    佐藤 正明

  • 倉田 利男

    倉田 利男

  • 薗田 國夫

    薗田 國夫

  • 塚越 隆行

    塚越 隆行

  • 泉 稔

    泉 稔

  • 小林 一道

    小林 一道

  • 真鍋 定信

    真鍋 定信

  • 鼻崎 敏文

    鼻崎 敏文

  • 宮坂 忍

    宮坂 忍

  • 梶木 晴斗

    梶木 晴斗

  • 中田 剛

    中田 剛

  • 植草 淳一

    植草 淳一

  • 山岸 奈美

    山岸 奈美

  • 野村 桃子

    野村 桃子

  • 廣 素久

    廣 素久

  • 田村 裕二

    田村 裕二

  • 松野 英毅

    松野 英毅

  • 堀内 孝富

    堀内 孝富

  • 金澤 陽子

    金澤 陽子

  • 鹿子島 幸二

    鹿子島 幸二


ホームセミナーお問い合わせ当社の理念当社のサービス
ビジネスパートナー募集プロFPJapanについてLINK
Copyright(C) 2007 プロFPJapan(株式会社PFJ) All rights reserved.